塩竈市遊ホール市民参加企画

                      
 

 お問い合わせTEL.022-365-5000

 〒985-0052 宮城県塩竈市本町1番1号(壱番館4階)





   


ごあいさつ



プロデューサー 菅野政子(菅野音楽教室)

 

菅野政子プロフィール

菅野 政子(かんの まさこ)
■菅野音楽教室主宰
■1956年9月9日塩竈市生まれ
■南町で「音楽嫌いを作らない」をモットーに、子どもから大人まで幅広い年齢にピアノやエレクトーンの指導をしている。毎年、教室の発表会「よくばり音楽会」やクリスマスコンサート「みんな集まれ!イヴまで待てねっちゃ!!」を開催している。またトーンチャイムサークル「Shizùne」「塩竈シニアトーンチャイムサークル」の指導もしている。
■1991年『モンテ弦楽四重奏団コンサート』から『まーちゃんと遊ぼう!』などの自主コンサートを塩竈の文化向上を願い啓蒙的に音楽活動を始めた。夢ミュージカル以前にも市民参加型の『昭和音楽館』『遊YOU音楽館』などのコンサートを企画開催している。
■全日本楽器指導者協会、全日本幼児音楽指導研究会に属し、鍵盤ハーモニカの指導にあたっている。
■平成23年 塩竈市教育功績者賞受賞
 平成25年 塩竈市市政功労賞受賞



作・演出 丹野久美子(劇団I.Q150)

 

丹野久美子プロフィール

丹野 久美子(たんの くみこ)
■劇団 I.Q150 主宰。作家・演出家・女優。
■1960 年2月22日仙台市生まれ。
■常盤木学園高校3年の時、初のオリジナル脚本「三途の川を渡りそこねた少女の話」を手掛け、県高校演劇コンクールで最優秀賞を受賞。
■1979年 劇団I.Q150(アイキューイチゴーマル)旗揚げ。以来35年間地元仙台での公演他、パルテノン多摩小劇場フェスティバルで優勝、下北沢演劇祭・水戸芸術館・愛知県芸術劇場フェスティバルそれぞれへ招聘など、東北各県や東京などで精力的に活動、作・演出・女優として劇団の全ての作品に携わる。
■1991年(平成2)年度宮城県芸術選奨新人賞を受賞。
■「丹野久美子戯曲集」を出版。
■1998年(平成9)年度宮城県芸術選奨を受賞。
■「丹野久美子戯曲集」新シリーズを刊行開始。
■ I.Q150 の公演以外の舞台活動
迦樓羅舎(かるらしゃ)丹下一との二人芝居「男と女のいる舗道」に出演(1989 年 渋谷・ジァンジァン 仙台・十月劇場アトリエ)/岸田理生プロデュース「十人十色」、/現代日本戯曲大系1「眠っちゃいけない子守歌」に出演(1995年 茨城・水戸芸術劇場/作:別役実 演出:山崎哲)/SCSミュージカル研究所・オリジナルミュージカル「♪ぽぽぽぽ~ん ぶんぶん」に出演(2011年仙台・福祉プラザ)塩竃市遊ホール市民参加企画「塩竈夢ミュージカル」の作・演出・振付(2007~2013 年 塩竈市遊ホール)
■NHK-FM「ゆうべのひととき」など、TV・ラジオのパーソナリティーや構成作家、新聞・雑誌のコラム等を執筆。振付や舞台演出も手掛ける。ロックバンドのボーカルを務める一面も持つ。



音楽監督 只野展也

 

只野展也プロフィール

只野 展也(ただの のぶや)
■1961年、仙台市生まれ
■1981年、スタジオプレイヤーとして活動を開始。作曲、編曲の他、キーボード、ベースプレイヤーとして様々なアーティストと共演する。
■1984年、「BULE CITY 2」の公演で劇団I.Q150に参加。以来音楽監督を担当、作曲・録音・編集・生演奏にいたるまで一手に引き受けている。
■ソロ活動の主なものとして、1989年より「GAIA」(ガイア)ツアーを開始。全国26箇所で各地のアーティストと様々な形でのコラボレーションを行うかたわら、吉祥寺アンカーステーションプロダクツを設立、アーティストのプロデュースを手掛けると同時に文化放送、FM仙台(現Date FM)のパーソナリティーも担当する。1993年からは丹野久実子の語りを取り入れた「星たちのメロディ」を制作、定期的にライヴを行う。
■バンド活動として1986年に丹野久美子(ボーカル)と共に「The Mahler」を結成。ライヴの他、アルバム製作等を経て現在に至る。
■メディア系音楽制作としてCM音楽、テレビ、ラジオの番組音楽を多数手掛ける。
■主なものとしてNHKスペシャル、ETV特集(現ETV2000)のドキュメント番組音楽、ドラマ系音楽等がある。


shop info情報

塩竈夢ミュージカル

お問合せ 塩竈市遊ホール協会
〒985-0052
宮城県塩竈市本町1番1号(壱番館4階)
TEL.022-365-5000


   おすすめFB